クォーツ腕時計

スポーツモデル、ドレスモデルの2つに大別できるロレックスの時計ですが、使用されている素材や動力によっても分けることができます。その一つがノンオイスターモデルです。ロレックスの代名詞である防水機構であるオイスターケースを使っていないモデルです。頑丈なオイスターケースを用いていないからこそ、薄型、または小型で作られていることが多く、女性や、一風変わったモデルを使用したいという方には根強い人気となっています。この中の代表例とするとチェリーニやカメレオンといったモデルで、オイスターケースを用いていないだけでそのつくりはやはりロレックスといったところです。また、機械式時計というイメージが強いロレックスにあって、クォーツ式のモデルもあります。時計の動力は、機械式、そしてクォーツ式の2つに分かれ、機械式はゼンマイを動力としてゼンマイを定期的に巻く方式、クォーツ式は電池で時が刻まれるタイプで、電池がなくなるまで何もせずとも時計は動き続けるというものです。1969年、世界初のクォーツ腕時計が登場すると巻き上げる必要がなく、面倒くさがり屋でもそれを気にすることなく着用できるクォーツ式の腕時計は、すぐに世界中の人々に迎え入れられることとなりました。ロレックスもその流れに乗り、クォーツ式の時計を生産し始めました。しかし、クォーツ式の時計は一般的に寿命が短いことから、ロレックスでの生産量は減りやはり機械式が主流となっています。よって、そもそも市場に出回っている量が少ないのであまりお目にかかるチャンスは少なく、実用目的ではなく、珍しいロレックスのクォーツ式の時計をコレクションとして保有する人もいると言われています。

Leave a Reply